未分類

コロナ時代の美容師の過ごし方



コロナ時代の美容師の過ごし方

自分の時はコロナでしたから入社したらすぐ自宅待機でしたよ。えっ?何してたかって??そりゃ…

 

『コロナで休みで給料も出るからグータラしてましたよ。』

 

と、未来にこんな事を言ってる美容師がいそうですが。

コロナで休みと思うか、チャンスと思うか?この先だいぶ変わると思います。この期間にSNSで力を入れて名前が売れた人も多いのでは?インスタライブでベーシックカットを紹介したり、コラボで対談したり、毎晩芸能人だけでなく一般の方のインスタライブが頻繁に行われていた。しかし日頃からの発信力が無い人がライブをすると視聴されてる人が1人~3人って切なすぎる。

これでは完全に自己満足の世界で、何も繋がらないとは言はないが次に繋がらないはず。みんながやってるからインスタライブしてみよう!というと逆に、自分の人気がない事にへこむツールになりかねない。

では何が違うのか?

そのライブは誰に必要なのか?

そのインスタライブは誰に見てもらいたいのか?誰の悩みを解消するのか?

そこに相手がいるかいないかの違いでだいぶ視聴される人数は変わる。最初少ないけど繰り返して行くたびに数字は増えていく。

明らかに自己満の一時的な自己欲求より、次に繋がるように思えませんか??

何故なら

自分が体験したから言える事

自分も今年の頭からYouTubeを始めて、と言うよりも新たにYouTubeアカウントを作り直して始めたがコテンパに打ちのめされました。なんでかって、PVは伸びない、チャンネル登録は増えない、そう簡単には行かない事はわかっていたが、動画を撮るのも、動画を編集するにも時間がかかる。それなのにPVは200とか行けば良いほうでメンタルやられますよ。それでも自分は100個動画は上げると目標を決めていたのでそれまでは再生数も登録者数も気にしないと決めてまずは数を上げようと。完全に質と量なら量の徹底にこだわりました。

そしたらね。14個目の動画で9万再生の動画が出て登録者も増え始めた。

自己分析すると

 

どんな動画が9万再生したのは、自分が上げたい動画ではなく、誰かに必要な動画だったからです。完全に必要とされるネタを上げてなかったから反応もなく誰も見てくれなかった事がわかった。

だからこそ誰に向けて発信するかが大事と言う事に身を持って気づかされました。むしろそれまでの動画が恥ずかしくなる・・・

まとめ

流行りに乗るのではなく、その時その時を自分の目で感じて、誰かに必要とされるものを発信する。これがSNSでも人とのコミニケーションでも一番大事なこと。ネット上で人気な人は現実の世界でも人気な美容師ねきっと。

今まで忙しかった美容師は、時間がある今こそ何か始めるチャンスだぜ!!



美容師の新しい働き方EMANONsharesalon