美容師

独立を考えた美容師は、店長を最低限しておかないといけない理由



やっぱりね店長は最低限しておいた方がいいよね。

これいつも言うのですが、もし自分でお店を初めて、スタッフを雇ってスタートするなら店長は最低限やれた方がいいよね。

こんな言い方はお店に失礼かもですが、店長をする事で疑似独立体験ができます。なんのリスクもなくお店を良くも悪くもできる。ましてや何か問題が起きても最後はオーナーがいますからあなたはにマイナスないのです。

自分が独立したらこんな事をしたい!を試せるわけで最高じゃないですか??

店長なると

スタッフ

材料

集客

求人

全てを365日考えなくては行けなくて、今までは自分1人の売り上げだけを考えて動いてたものが店全体の利益について考えなければいけないわけで、それだけでワクワクしませんか??

コレも経験談ですが、元々副店長をしていた男性が店長になった時に、泣きながら相談に来たのです。



『オレ店長出来ないっすよ』

彼はスタイリストとしても指名、売上共にナンバー1を出していたしスタッフからも人望があった。なのになぜ??話してみたら

『何をしていいかわからない。』

ん?と思いました。何をって、逆に何を?そう今までは店長とスタッフの間を中間管理職の様に取りまとめて来ました。ただそこには自分のビジョンが無かったのです。副店長時代は店長のビジョンを代弁していたが、自分が店長になったらビジョンが無くどうしたいかわからなくなってしまったのです。

しばらく自分も話し合いの場を持ちつつも、話を気聞きながら整理してあげて、こんな風になれたらいいんじゃないか?と一緒にお店のビジョンを考えて2人でワクワクしながら成長していったのを思い出します。

でもこれが独立してオーナーだったらどうだろう。終わりますよねこれでは。だからこそ店長時代に色々経験して経験値を上げておく必要があるのです。独立してからは経験してる事は案外サラッとやれちゃうもんです。

店長になり疑似独立体験をしておく事で、独立した際の何が起こりうるかを経験しておくのがベストですね。だいたい同じよな出来事が独立後はおきますから。

まずは店長なり役職を目指してやってみるのもいいですよ。